Investigation, Brainstorming 

Before the stage of brainstorming, I researched on the product in order to figure out why I work on an ad campaign. Also, it helps define its competitors and get as much information as possible for the campaign. As for my brainstorming process, which usually engages in word lists and quick drawings, I utilized the data from internet sources and opinions from people, who I asked to try the product, in order to know how the consumers feel and think about it.
 
今回は既存の商品に基づいたプロジェクトであったため、その商品の略歴、特徴、パッケージやロゴのデザインにおける変遷、市場における知名度などに関するリサーチを行った。商品における評価、また試飲した人たちの感想をワードリストやイラストとしてまとめ、アイデアを発展させる情報として利用した。
 
100 design thumbnails 

Based on the investigation and the brainstorming, students were asked to develop 100 design thumbnails. Headlines and tag lines were focused as well as the visuals. 
 
集めた情報に基づき、100個のデザインサムネイルを作成した。広告のデザインだけではなく、見出しやタグライン(キャッチコピー)も重要視された。
3 Final roughs and Creative brief 

Then, we were asked to select five design thumbnails that show the concept better than others. As a small group of the class, we selected three roughs out of five, and submitted them and the creative brief, which defines the target audience, the reason why the product needs an ad, and what I want consumers to 'get' from the ad eventually.
 
100個のサムネイルから、キャンペーンのコンセプトをよく表してる5つを選び、クラスのグループディスカッションでデザインの方向性を3つに絞った。クリエイティブブリーフは、これまでのリサーチをドキュメントとしてまとめ、キャンペーンの必要性や、ターゲット層、また消費者に何を理解して欲しいのかなどをクライアント(教授)に説明するために提出した。
 
 
Final Design
Back to Top